2007年10月17日

ためしてガッテン 動物園サプライズ体験術に合点

ためしてガッテン 動物園の体験術を見ましたがなるほどと合点しました。

まずは動物の行動を考えるて見るでしたね、「ライオン、トラ、クマは開園直後がゴールデンタイム」これでした。
昼間見てもいつも寝てばかりいるライオンですが、ためしてガッテンライオン大調査によると、開園直後は縄張りの見張りをするのでかなり動き回っていました。
しかし、しばらくすると休んでしまい寝てしまいます。
ということで、ためしてガッテン動物園を楽しむコツは、動物の動く時間に合わせて見て回る事です。

とここで、他の動物は?です。
ゾウとかシマウマとか草食動物は一日中動いているんでいつでもOK。
さらにエサやりの時に動くんで、動物園で表示しているエサやりの時間をチェックして見に行くとか、それ以外にもエサをあげに行く飼育員さんを見つけたら付いていって、エサを食べる瞬間を見ることが出来ます。
ためしてガッテンでは、通路を通るカワウソが見れていましたね。

さらにキリンなどたくさん同時にいる場合ですが、1頭に注目すると色んな動物の行動が見えてきて個性が発見できて満足できるんです。
友達に会いに行くとか、動物の赤ちゃんに注目して成長を楽しむと友達感覚や子供のようにより身近に感じられて違った見方が出来るそうです。

ためしてガッテン動物園のサプライズ体験術は「動物園は動物を見に行く場所」ではなく『動物園は、動物をあずけている場所』と考える事でした。
う〜んなるほど、考え方と動物の行動を知る事なんですね。
posted by ガッテン at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ためしてガッテン番組を見て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。