2007年10月11日

ためしてガッテンコロッケを冷めても美味しくですよ。

ためしてガッテンのコロッケレシピ〜♪
ためしてガッテン流「冷めても美味しいコロッケ」のお料理レシピ大公開!!
普通に小麦粉と卵、パン粉と付けて行き、高すぎない温度で揚げるコロッケでは冷めると美味しくない。
しかし「小麦粉と卵と水の液体にしておいて、パン粉をつける」これにより膜を具と衣の間に作り、具の水蒸気が衣に行かない。
さらに「たっぷりの油で200度を目安に揚げる」高温で1分半の短い時間で揚げる事により、中の温度が上がり過ぎない。
これらによりサクサク感が保たれるんでした。
この2つが冷めても美味しいコロッケの条件でした。

さらに冷めても美味しいコロッケを作っているお店では保冷庫に保存していた1年前のジャガイモをつかっていました。
ジャガイモは「低温糖化」というように低温で長期保存しておいたジャガイモが甘くなるんでそうです。

ためしてガッテンでは新ジャガの季節だからコロッケを企画したそうですが、あてが外れた?でも美味しいコロッケを作りたい、そこで大研究。

ためしてガッテンでは、まず皮を剥かずに茹でた方が美味しいと発見!
メチオナールという香りの成分やデンプンが多く残るのと、デンプンは皮の周りにたくさんあるから皮を剥かずに茹でた方が良いそうです。
さらに『基本はジャガイモ』という事でさらに研究して発見しました。
グリルを使ってジャガイモを焼くことを発見!
○ためしてガッテン流グリルを使ったジャガイモの焼き方○
1・半分に切ったジャガイモを、水にぬらしたペーパータオルでくるむ
2・アルミホイルで包む
3・両面焼きグリルで強火25分目安(片面焼きの場合は、ジャガイモを4等分にして40分目安)
○ためしてガッテン流液体の作り方○
1・水100ml、卵2個、混ぜます、小麦粉100g、混ぜます。
そしてお酢小さじ2杯を混ぜます。
おまけ:天ぷらの衣にも使えます。

レシピに続く♪
posted by ガッテン at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ためしてガッテン番組を見て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。